EXTERIOR 1862 EXTERIOR 016

オーストラリアから輸入された、ミッドランドの優しい色合いのレンガ「ポンペイ」で門柱と塀を作りました。 このレンガには、角がタイルの様に直角のストレートと、角を丸くしたタンブルがあります。この現場はタンプルを使用し、目地にはオーストラリアの黄色い砂を使いました。

アプローチの床は、ドリームストーンのヨーロピアンを、イエローカラーで施工しています。

門柱の隣には、二台分の駐車スペースにカーポートを建て、オーバードアを取り付け、クローズに出来るようにしました。 駐車場の土間コンクリートの手前の部分は、シームレス(岩肌)を表現した模様で施工しました。

 sutanpukonkuri-to yooropian1863 sutanpukonkuri-to yooropian012 niwa 1856

門柱に付いたアルミ鋳物の扉を開けると、長いドリームストーンで作られたアプローチが続きます。ドリームストーンは、型を押して凹凸を作り、より本物に近く見えるよう陰影も作られています。通路のイエローカラーと、周りに敷きこんだ緑の高麗芝のコントラストが綺麗です。

 niwa 1855 niwa 1851 niwa 1857

通路の横の広い庭に高麗芝生を貼り、隣地境界にはコニファーのゴールドクレストとブルーヘブンを交互に植え、色の違う緑を楽しめるようにしました。

庭に変化を付ける為、サークルのセンターにヤマボウシの株立を植えています。北海道から取り寄せたポプシーも植えました。なかなか綺麗なポプシーが少ないのですが、素敵な木が見つけられました。

 niwa 1852 niwa 1858

リビングの前には、レンガを積み上げて縁を作り、床部分に天然石のイエローを貼り、石貼りテラスを作りました。モミの木とは色が異なるポプシーの葉が見えています。

リビングと反対側には、御影石の沓脱石を設置して庭に出やすくしています。犬走りには色付けをしました。

 niwa 1850 niwa 1853

門柱の後ろ側に、アルミ鋳物できた風見鶏を設置しました。建物のすぐ横の境界には、コニファーでなく、レッドシダーで目隠し塀を作りました。

不凍栓を隠すように、レンガを立て、水受けもレンガで囲った、オリジナルの水栓を設置しました。中を防水モルタルで仕上げています。蛇口は十字ハンドルに変えています。

monchu renga 017

レンガ積みの門柱は、植栽のグリーンととても相性がいいです。

 

長野市で施工したエクステリア施工実績です。  エクステリア 長野