逞しい花。

  • 投稿日:
  • 修正日:
  • by
  • カテゴリ:

コンクリートの隙間から、ビオラの花が咲いています。門柱前のコンクリートの隙間で、昨年門柱の前に鉢植えしたビオラがありました。種が弾けて、こんな場所から芽を伸ばし花を咲かせたのだと思います。

Biora 0323 ポピー

家の前のアスファルト舗装された道のアスファルトの境目からポピー花を咲かせています。この花を咲かせるポピーは庭にはなく家から100メートルは離れている空地にたくさんあることは知っていたのですが、種が風にここまで運ばせたのだと思います。 植物の活きる力を感じさせて藻に居ました。

見頃を迎えた千曲川堤防の桜堤。

  • 投稿日:
  • 修正日:
  • by
  • カテゴリ:

小布施橋付近に全長4キロ続く桜並木が見頃を向えていて、県外から訪れている人も居ました。 例年だとゴールデンウィーク頃見頃の堤桜は、今年は早めで見頃を向えていました。「一葉」と呼ばれている八重桜が600本植えられている堤桜は、他の桜が終わってからも見る事が出来て楽しいです。 このあたりは、桜だけではなく花モモも見事な花を見せて、菜の花畑もあり春を満喫できる場所です。

Chikuma gawaTeibōSakura  0911

時間があれば、ゆっくりしたかったのですが現場に向かう途中だったので、時間を作りまた来ることにしました。

Chikuma gawaTeibōSakura 0908

赤色・濃い目のピンク・薄めのピンクと三色の花モモは、数日で見頃という感じで少しだけ早いかも、菜の花も綺麗でした、小川を渡り東に向かうと遠方に飯綱山が見え、一面に黄色の菜の花が見事です。 家からも車で10分程で行くことが出来るので毎年楽しみにしている場所です。

Hanamomo 0906  NNanohana 0902

ルナリア&レッドキャンピオン

  • 投稿日:
  • 修正日:
  • by
  • カテゴリ:

春は、最初に球根類の花が咲き、咲き終わったものもあれば、これから花を咲かせるものもあります。 庭が綺麗になるのは薔薇の花が咲くころなので、まだ時が掛かりますが、薔薇が咲く前の今の庭を飾っているのがルナリアとレツドキャンピオンの花です。

Runaria 0864 Runaria 0859

ルナリアは、毎年、種を収穫していて、とても軽いので外で種を採取していると風が吹く飛んでいってしまうので庭中にルナリアの花が咲いています。ピンク紫掛かった花色は庭を明るくさせてくれます。花よりも種を採った後のドライフラワーになる状態が素敵です。

Red campion 0855 Red campion 0854_thumb[1]

レッドキャピオンは、宿根草のシレネの仲間です、花姿はルナリアと良く似ているように見えますが違う花です。レッドキャピオンも庭のいろんな場所で花を咲かせています。まだ原種チューリップの他背丈の低い花は咲いているのですが少し背丈のある花は、ルナリアとレッドキャピンが楽しめる今の庭です。

衝動買いのトキソウ。

  • 投稿日:
  • 修正日:
  • by
  • カテゴリ:

4月12日の事でした。 高山村の数カ所にある酢ごとな桜を見に出かけた時に二番目に見た坪井のしだれ桜の駐車場に車を停めると、駐車場のわきにテントを張って販売しているものがありました。その時に目に飛び込んできたのが綺麗に咲いているトキソウです。

Tokisou

鉢植えされ球根から伸びた茎の先端に薄紫の綺麗な花を咲かせるトキソウ、いくつも花を密集させて先、欲しいと思わせる花です。ようやく庭も春らしく色付き始めていますが庭の花はこれからが本番で、今は原種チューリップが咲き、今朝クレマチスのいちばん花を見つけました。 テントの下で販売されている商品の隅にダンボールに入ったトキソウがありました。球根が2個のものと3個のものと有り、当然販売価格も違っていて迷いましたが。球根が3個ある鉢を選びました。

Tokisou  Tokisou

家に持ち帰り最初の花が開いたのは16日です。トキソウは蘭の仲間なので花の姿も蘭そのものです。 せっかく購入したので上手に管理をして毎年花が見られるように頑張ります。

Tokisou

21日の今朝は、どの球根からも花が見られて8個花があります、ひとつの球根からふたつの茎が伸びていて、その先端に、ふたつの花を咲かせているところもあります。最初の花が咲いてから一週間、これからどれぐらいの間花を楽しめるのかわかりませんが、しばらくは楽しめそうです。

忘れられないエクステリア。

現在、エクステリア工事を施工中の現場で、門柱が完成しています。 これからアプローチ・駐車場などの工事が進んでいきます。 当社には、当社だけのオリジナル商品が幾つもあり、今回の現場で施工したベネチアンガラスブロックサインも、そのひとつです。

OrijinaruSain

ほぼ、レンガと同じ大きさになるイタリア制ベネチアンガラスブロックの側面に文字とデザインを彫り三段使いのサインにしています。 自社の作業場で制作しているので文字の入ったサインの上下のデザインはお客様が考えてくれたものです。ベネチアンガラスブロックは4色ありブルー・クリア・シエナ・グレーの中からブルーとクリアの組み合わせでサインにしました。

BenechianGarasu burokkuSain MonchūSain

お客様ご自身で考えられたデザインの入ったサインは、お客様にとって忘れられないエクステリアになつたと思います。エクステリアは、何処で施工しても同じだと言う事はありません、それぞれの会社には特注があり、納得できる施工業者と一緒に考えていくことが大切だと思います。

可愛いハート形のタイツリソウの花。

  • 投稿日:
  • 修正日:
  • by
  • カテゴリ:

TaitsurisōGōrudenhāto 597TaitsurisōBarentain14

タイツリは宿根草で冬の間は地上に何も残っていませんが、春になると土を持ち上げ地中から芽をだして、ハートの形をした可愛らしい花を咲かせます。 今、花を咲かせているのがゴールドハートとバレンタインです。ゴールドハートは葉色がゴーメドで葉も楽しめるタイツリソウで花はピンク掛かった花色。バレンタインは花は濃いめの赤色で茎色のブロンズカラーが綺麗な花です。

TaitsurisōGōrudenhātoTaitsurisōBarentain

どちらも先週ぐらいから先始めていて、これから花かずも増えてきます。植え場所は半日影をこのむので陽の当たりづらい時間帯のある場所に植えています。

鳥蔵しまんりょ店

  • 投稿日:
  • 修正日:
  • by
  • カテゴリ:

昨日の夜は、結構寒く夜食事に出かけ長野駅近くの駐車場に車を止めて、外に出るとジャンバーでも来ていないと無理かなっと思える感じで、お店に入り個室に行くと、すぐに暖房を入れなくてはいられない感じの夜でした。 お酒が飲めないので居酒屋風な感じのするお店には殆ど入る事が無いのですが、昨日は、誘われて久しぶりによるの長野の街。

TORIZO鳥蔵 しまんりょ店
TORIZO鳥蔵

しまんりょ店寺界隈にある東屋の姉妹店で、東屋には昼時に何度かでかけて行きランチを食べています。東屋にも水炊きのメニユーがあり気になっていて一度は行きたいと考えていました。

Zensai sanshu moriawase
前菜三種盛り合わせ

前菜三種盛り合わせで始まる、おまかせ水炊きコースは、席に着いた時から鍋が置かれていて期待してしまいます。

Satsuma Chiran torinoTataki
さつま知覧鶏のタタキ

さつま知覧鳥のタタキ、普段鶏肉をタタキで食べる事がないので、食べた事のないものが出てくると嬉しいレモンを絞って口に入れる

TorihamunoShīzāsarada
とりハムのシーザーサラダ

とりハムも食べる事が普段はないです。

TorizoKaraage
鳥蔵の唐揚げ

鳥蔵の唐揚げは大きくてじゆーしー

車四台分の駐車スペース。

Yon daiBunSekisetsu-yō Kāpōto

家から少し離れた場所に車が四台留める事のできる駐車場の外構工事をしました。 積雪用ソルディーポートの二台用を並べて四台分のスペースを造っても、余裕のある土地に取付ました。

 

Taiya0Tome  SoldyportYane

奥ユキも十分に確保できるので、タイヤの収納できる物置を二棟設置してコンクリートの床にアンカー止めをしました。ソルディーポートは採光の採れる積雪用カーポートで人気が高いカーポートです。タイヤ止めも四か所にアンカーで固定して後ろ側に建てた物置に当たらないように施工しています。

 

Suchīru monooki  BurokkuDodo me

敷地の奥が用水路になつていてコンクリートの床の勾配を取ると、床の高さを揚げなくてはならなかったので重石ブロックで土止めしました。

原種チューリップ、クリサンタ&ペパミントスティック。

  • 投稿日:
  • 修正日:
  • by
  • カテゴリ:

庭に、原種チューリップが19種程植えこんでいますが、原種チューリップの球根は植えっぱなしでもいいので、掘り起こす事はしていないのですが、宿根草などを植えこんだりするときに土を掘り、その時に土と一緒に消えてしまった球根もあるので現在は17種ぐらいになっていると思います。今年は例年よりも開花が早く、すでに咲き終わった原種チューリップも幾つかあります。サーモンジャム Sāmonjamu ・ライラックワンダーRairakku wandā ・ペルシャンパール PerushanPāruは咲き終わりました。現在咲いている花ガ幾つかありますがろ、その中でクリサンタとペパミントスティックがたくさんさいています。

Pepāmintosutikku GenshuChūrippu0600_thumb[2] Pepāmintosutikku GenshuChūrippu0608

原種チューリップの中では背が高いPepāmintosutikku 「ペパーミントスティック」は白と赤のツートンカラーの可愛らしいチューリップ。原種チューリップを庭に植えて有難いのは、掘り起しをしなくても良い事と、葉も大きくないので宿根草など他の花を植えるスペースが出来る事です。球根類は花が終わった後、60日程は葉に陽が当たるようにしないと球根を大きくすることが難しく葉を残した状態が長いと見た目もあまり良くないので場所もあまりとらない原種チューリップが良いです。

ShinshiaGenshuChūrippu 0599_thumb[2] ShinshiaGenshuChūrippu 0656_thumb[2]

Shinshia 「シンシア」は、クリサンタに良く似ていますが、黄色と赤の二色のカラーが少し淡い感じのする花です、細い茎がスーと伸びているので、風が吹くとユラユラと揺れる様子が可愛い花です。

Kurisanta Kurisanta 060

Kurisanta「クリサンタ」は、いちばん最初に植えた原種チューリップで何か所から花が咲いていますが、忘れな草と同じ場所で咲くクリサンタがいちばん好きです。忘れ名草も咲き始めていますが、もうしばらくして水色の花が満開になると、とても綺麗です、クリサンタを植えてから何年も過ぎていて、近くで花を咲かせない葉だけが出ている状態が続いていましたが、この春一部が花を咲かせました。花は、シンシアに良く似ていますが、若干小ぶりです。 他の原種チューリップで Deruta「ダルタ」・BuronzuChāmu 「ブロンズチャーム」・RitoruByūtī 「リトルビューティー」が咲いていて、まだこれから花を咲かせる原種チューリップもあり、昨年は6月頃まだ原種チューリップを楽しむ事が出来ました。

10年前のエクステリア施工。

先日、来店されたお客様は、10年程前にエクステリア工事をさせて頂いたお客様です。 当時施工した二世帯の門柱の塗り壁の塗り替え希望です。 当時は塗材として美ブロを使用していました。

Ekusuteria10-Nen mae no genba 79 Ekusuteria10-Nen mae no genba 77

昨日現場確認に行った来ましたが。 現状の状態でも問題はないように見えるのですが、お客様の要望なので見積もりを作成します。 数年前から塗り壁の塗材はジョリパットを使用しています。施工当時はジョリパットの事を知りませんでした。エクステリアルートからの情報では塗り壁に使用する塗材もエクステリアメーカーのものでした。 幸い当社は、全国各地に同業者、エクステリア専門店の友人が居て、情報交換をしていると、自分達の施工範囲では知りえない情報もたくさん入ります。 より良いエクステリアを考えると資材もベストのものの方が良いと考えています。ジョリパツトは建材ルートで販売されていますが、当社は価格だけではなく細かな自用法を知るために東京の専門会社から仕入をしています。

Ekusuteria10-Nen ijō mae no genba 80 Ekusuteria10-Nen ijō mae no genba 78

二世帯の住宅で左右に入り口があります。両側の塗り門柱の中央に塗り壁の前にレンガで花壇を作っています。門柱には、当社オリジナルのガラスブロックサイン・デザインも組み込まれています。花壇の植栽も丁寧に管理されているので塗り壁ももつと綺麗にしたいのかも知れせんね。