エクステリア・外構・ガーデンデザインならトレド 長野市

エクステリア、外構、ガーデンデザイン提案と責任施工

メニュー

全て開く | 全て閉じる

展示場のご案内


屋島信号角
水曜定休
open 10:00 – 17:00
株式会社トレド
長野県長野市屋島2273-1
026-266-9522

営業日

ニュースレターを購読

リストを選択する:

オンラインショップ

プレミアムガーデンクラブ エクステリアのご提案

全国のお庭好きが集うコミュニティーサイト 庭ブロ+

ディーズガーデンクラブ 長野市

プロの庭照明 長野市

LIXILガーデン

長野市・千曲市・須坂市・中野市・飯山市・信濃町・飯綱町・山ノ内町・小布施町
エクステリア外構・板塀・門柱・表札・物置・雑草対策
  • Q&A

    Q 他社と比べて何が違いますか?

    当社の特徴の一つに、デザインから施工まで自社で行っているという事があります。専門店と言われている会社でも、プラン・営業は行っていても施工は外注にお願いしていることがほとんどです。場合によっては、見積りを職人さんに聞いてからという事もあります。当社は自社社員で行っているので、生コンの発注も自社でしています。現場管理も社員で行うことでスムーズに進めることが出来ます。自社施工することで予算を抑えることもできます。

    オリジナルのものはありますか?

    当社のオリジナル商品があります。お客様から人と同じものでは嫌だという声を良く聞きます。私も同じ考えがあるので、自社開発したオンリーワンのものがあります。自社で施工をしている理由のひとつ に、自社でないと出来ない施工があるからだという事があります。当社オリジナル商品は、問屋さんから仕入れることが出来ません。展示場では、展示物はあまり多くはありませんが、他では見ることのできないものがあるで、是非一度ご来店頂ければと思います。

     

    Q 外構工事を考えていますが、どこにお願いすればいいのでしょうか?

    工事の内容によっても違いがありますが、デザインから施工まで出来る業者が良いと思います。家を建てた会社に一緒にお願いすれば安心で安価と考える人もいるようですが、建設会社がすべてできる訳ではなく、下請け会社に丸投げするケースがほとんどです。最近では、業者を直接紹介するケースも増えていますが、最終的には建設会社にリベートが戻る仕組みになっているので決して安価ではありません。外構にこだわりがある方であれば、専門店にご相談することをお勧めします。

     

    相談は無料ですか?

    当社では外構・庭工事のご相談を無料で行っています。会社としては、平成元年から外構工事を行っているので、豊富な経験と実績で様々なご相談に対応させて頂くことが出来ます。留守にすることがあるので、事前にご連絡を頂ければ有難いです。

     

    工事対応地域はどのあたりですか?

    基本的には長野県北信地区になります。長野市・須坂市・中野市・千曲市あたりですが、当社にしか出来ない施工もあるので、北信以外の地域、坂城・上田・飯山などにもいくこともあります。また、信頼できる同業者も県内にいますので、連絡していただければ紹介させて頂くこともできます。

     

    Q 他社で作成した図面で施工してもらえますか?

    図面の製作に当たり、どの会社も時間と手間をかけています。他社の図面そのままでの施工は、お断りさせて頂きます。図面の中には同じ商材を使用しての提案もあると思うので、施工・商品などの質問にはご相談に乗らせて頂き、お客様のご要望をお聞きした上で、新たに当社のデザインでご提案させて頂きます。

     

    新築をする場合、どのタイミングで相談すればいいですか?

    出来るだけ早い段階で考えた方が失敗が少ないと考えています。家が完成してからとなると予算が厳しくなったり、設備などの関係も外構が決まっていれば後悔が少ないはずです。室内と違い家の外回りは外から見えるものです。外構で建物の雰囲気が変わってしまうので、早い段階で考えることをお勧めします。

     

    外構デザインのプラン・見積りはどのくらい時間が掛かりますか?

    ご相談の打ち合わせが終了し現地調査をしてから、デザイン・お見積が約2週間ほどでできます。現場を見させて頂いたうえでデザインを考え、およその見積りが分かるまでの作業をさせて頂きます。そこからのデザイン変更・詳しい見積りは契約を前提に進めさせて頂きます。費用は無料です。

     

    他社から見積もりを取ってもいいですか?

    外構工事は決して安い買い物ではありません。他社から見積もりを取り検討するのもひとつの方法だと思うので構いませんが、あまり多くの業者から取るのも大変だと思うので下調べをして2~3社から取るのが良いのではないでしょうか。

     

    エクステリア・外構工事の予算の目安はどのくらいですか?

    この金額でなければならないといったものはありません。同じ敷地でもガーデンルームを施工するなど内容によって全然変わってしまいますが、ただ目安として、新築の場合住宅価格の10~20%程度掛かると言われたり、坪数の倍、80坪であれば80坪×2倍の160万円は掛かると言われたりしていますが、これはあくまで目安で内容でもちろん全然変わります。

     

    見積り・外構デザインプランは無料ですか?

    ご相談打ち合わせ後に、現地調査をさせて頂きます。その上で外構デザインを制作・見積りをしますが、この時点では概算見積りになります。修正点があれば再プランの作成をさせて頂きますが、再プラン・詳細見積りは、基本的に契約を前提として進めさせて頂きます。費用は契約されるまで無料です。

     

    工期はどれくらいかかりますか?

    外構全体やお庭全体の工事の場合、平均的に3週間~1ヶ月位掛かります。ただし工事内容・規模によってもちろん違いますし、外の工事なので雨が降ると出来ない事が多く天候に左右されますし、養生期間が必要な工事も多いので、諸条件によって大幅に違ってきます。たとえば、駐車場など土間コンクリートは打設後1週間ほど養生が必要になりますが、天候や季節によっても違ってきます。また、コンクリート打設・塗装の仕上げなどは、気温が低い場合は日延べすることがあります。屋外での工事は、天候・季節に左右されることが多く工期が延びることがありますが、予めご了承ください。

     

    留守にしていても工事は出来ますか?

    お留守でも工事は出来ますが、電源と水道はお借りして工事をさせて貰うことになります。また、工事が始まったらトレドのホームページのブログで工事の様子を見て頂くこともできるので、ご安心ください。

     

    引越の日取りが決まっているのですが配慮してもらえますか?

    工事は基本的にご契約の順で進めてさせていただきます。工事が引っ越しより後になった場合は、引っ越しまでに車が駐車できる状態を作らせて頂きます。砕石を敷き込み生活がし易くなる様配慮させて頂きます。

     

    Q 工事中に追加工事が発生した場合は?

    A 工事中に追加工事が発生した場合、工事の内容によって同時に施工させてもらったり、場合によっては、一旦工事を終わらせて二期工事とさせて頂く場合も有ります。

     

    Q 冬季の作業は可能ですか?

    A 冬季になり気温が低くなると出来ない工事もあります。スタンプコンクリート・塗壁の作業は5℃以下になると出来ませんので中断させて頂いています。仕上りの事を考えると春まで待ってから、工事を再開させて頂いた方が良いと考えています。

     

    Q 工事代金の支払い方法について教えてください。

    A 当社は、契約が決まると契約書にサインを頂きますが、お支払いはすべて工事完成後となります。工事完成後、請求書を送付しますので、それから1週間以内にお支払いをして頂ければ結構です。

     

    Q 工事が長期になった場合?

    A 例えば、工事が年末に始まり、冬の間一旦工事が中断するなど1ヵ月以上中断した場合、中断前の段階の出来高で、お支払いをお願いする場合もあります。

     

    Q 雑草対策を教えてほしい

    A 雑草対策で効果的なのは防草シートですが、近年はいろいろな防草シートが売られています。当社で使用しているものは、雑草で一番厄介なスギナにも効果があるシートです。市販されているもので安価なものは、スギナ防止も難しくシートに直接日光が当たるとすぐダメになってしまうものもあります。防草シートを敷いた上に、見た目の綺麗なテコラ(破砕瓦)を敷き込むと防犯効果もあります。

     

    Q 目隠し工事に最適な商品は?

    A 目隠しには板塀が良お薦めです。板塀と言っても、本物の木・アルミ・樹脂板がありますが、当社が推奨するのはアルファウッド(耐候性樹脂フェンス)になります。アルファウッドは他の樹脂板と違い二重構造になっていて樹脂板の欠点である温度変化による伸縮が少なく見ためもリアルです。防犯を考えると、ブロックのように全部隠してしまうのではなく程よい隙間も必要で、当社の場合高さが2m30㎝までの施工が可能です。

     

    Q レンガ・ブロックに白い粉が付いているが?

    A これは「白華現象」です。セメントの中のカルシウム・ナトリウムなどの可溶成分が、雨・散水・雪などの水分と共にコンクリート内部の隙間を通って表面に移動して、空気中の炭酸ガスと反応して白い炭酸カルシウムの結晶となって表面に現れ付着した物です。一般的に気温が低く雨・雪・霜などによって湿度が高い状態が続き、適当な風によって表面の水分の蒸発や乾燥が続くと白華は発生しやすくなります。ブロックの主成分はセメントで白華が発生しても欠陥品ではありません。ブロック・レンガの性能が低下することもなく問題はありません。残念ながら現在、白華を完全に無くすことは難しいと言われています。白華を擦って取り除くことはできますが、また発生したりもします。時間と共にだんだん発生しなくなります。

     

    Q 木樹脂デッキの手入れ方法は?

    A 木粉入り樹脂デッキの場合、雨に当たるとシミが出来てしまうので、あまりお勧めはしていませんが、サンドペーパーで擦るのが一般的です。ただしシミはまた発生してしまいます。漂白剤で洗浄することもできますが、その場合は注意事項を守ってください。当社ではタイル貼りのテラスを推奨しています。

     

    Q 植木の枯れについて

    A 当社で植えた植栽の場合は、1年の枯れ保証をさせて頂いていますが、ただし植木は生き物なので、水管理が出来ていないことで枯れた場合は保証を致しかねます。