monntyuu

YKK ルシアス ウォール01型の門柱を設置しました。色はキャラメルチーク/ブラックでステンレスモダン表札・演出照明Wタイプです。

スッキリとした形でパネルは木目調。枠はブラックでしめることで存在感がありますね。

ナイトシーンでは真ん中の枠の上下が光ります。

syoumei

優しい光なので雰囲気がでますね。また、階段部分も照らされるのでつまずくことなく玄関まで歩けます。

アプローチの仕上げはスタンプコンクリート。模様は一枚岩をイメージしたシームレス。色はグレー。締まります!

門柱脇にはF&Fのスレンダーポール70角タイプ色はオークブラウン。高さはH-1700、道路から見てリビングが見えないように設置しています。

フェンスは樹脂素材でF&Fマイティウッド10段貼り。


syokusaizouki

門柱前には低木・草物を植えました。道路より敷地内に門柱を後退することでファサードスペース(前庭)を確保できます。外から見たときに門柱と建物がつながった景色になりますね。

また、門柱前に植栽することで優しい感じになります。

建物の中から見ると自然の雑木林のワンシーンを借りてきたような植栽。樹木の葉っぱや幹のラインを楽しむ。幹ぞりを合わせます。

樹脂板フェンスがあることで景色が締まります。

グランドカバーにタマリュウを植栽。タマリュウの良い所は成長が遅く冬でも葉っぱが緑なので一年中楽しむことが出来ます。また、一面に貼ることで防草効果もあります。

ただ、下地が土なので年数がたてば雑草が生えてきます。そこで一工夫。発芽抑制剤を散布します。やり方についてはショップにてご説明します。


nakaniwaraitoappu

こちらは中庭スペースです。近年の外構を見ると外からの景観を重視することが多いなと思います。(敷地の問題)外からの景観も大事だと思いますが、一番は建物の中でくつろいでいるお部屋からの窓辺の景色。

この作品は一坪もないスペースですが周りの視界をカットすることでプライベートガーデンを確保。(坪庭)

夜にはライトアップ。下から照らされた樹木の影が壁に映り込み幻想的な空間に変化しました。

エクステリア ショップ TOLEDO では、お客様のライフスタイルに合わせ、お客様と共により良い空間をデザインしていきたいと思います。