エクステリア(外構)の工事価格が分かり難いのはなぜでしょうか?

商品だけの購入であれば他社と比較して、同じ商品の価格を比べてみるのは簡単です。
しかし、工事が伴う場合は施工方法の違いや、敷地の状況・使用する資材・施工によってて当然価格・費用が変わります。
何をしたいのか、予算はどのぐらいか、と最初に考えてみるのが基本になると思います。

 

エクステリア工事(外構)の価格構成

エクステリア工事の価格構成は、「1.材料費」+「2.施工手間」+「3.経費」の大きく分けて3つになります。

  1. 材料費について
    材料費はエクステリア専門店であれば、ある程度の仕入れ量があるので、仕入れ価格にさほど差がないと思います。
    一方、専門店でない会社は、取扱量の関係でどうしても、仕入れ価格が割高になります。
  2. 施工費について
    大きく分けて、自社の直営(自社社員)の施工と、外注(下請け)の2つに分けられます。
    外注に頼んでいる会社は、下請けの経費が加わるのどうしても割高となります。また昨今は、職人が減っている関係上、下請けの要望する価格でないと請け負ってもらえない事もあるので、高止まりの傾向があります。また、下請けにお願いしている場合は、アルミ・ブロック・左官など、工事の項目ことに下請け経費が発生します。
    当社は自社の社員で直営施工しているので価格も安心です。
    ほとんど
    の仕事が直営で作業ができるので、無駄が少なく効率がよくなります。
  3. 経費について
    営業スタッフの多い会社は、かなりの仕事量と利益がないと大変です。
    当社の現状は、営業は最小限です。ネットと口コミがメインですが、現場で作業するスタッフの仕事は途切れません。

デザイン(設計図面)見積の価格

トレドではお庭のデザインに設計料(デザイン料)を頂いておりません。トレドは他社との差別化を図るためにお客様に喜んでもらえるオリジナル商品・工法を考えて提案させ手頂いています。それでもデザインは無料です。内容と見積価格に自信があるのでデザインと設計を無料で行い、他社と比較されても良い自信があるからです。
おそらく生涯で一番高額な買い物は住宅になると思います。住宅の設計が有料だと言うのは、設計専門会社は別として、無料または、実際の経費より安い場合がほとんどです。なのに、エクステリアのデザインが有料だと言うのが不自然に感じられます。知的財産と言われる業者もいますが、既成品を並べただけのデザインは簡単に真似ができてしまいます。見積も有料という会社もありますが、前金を貰ってしまえば契約をして頂けると考えているからでしょう。契約をすれば、返金するとも言っているようですが、その分の金額は予め見積に上乗せされていると考えるべきです。

自社施工によるコストダウン

建設業界は多重下請構造による外注で構成されています。エクステリア専門店の施工も例に漏れず、ほとんどが外注に依存しています。特に長野のような寒冷地では冬にできる作業が制限されて、冬場は仕事が少ないので職人を社員にしてしまうと大変だと考えているからです。当社の考えは現場作業を社員で行った方が、確実に無駄なく工事ができると考えています。自社施工だからこそ価格を押えることが出来るのです。

経費を抑える・宣伝広告費・営業経費

宣伝広告(チラシ)は、会社を知ってもらうためには効果的なのかも知れませんがかなり費用が掛かります。その費用は、見積金額に上乗せしないと利益が生まれません。
外構のチラシ費用は、よほどの売上が見込めないと難しいので安価ではありません。また、展示場を立派にするのにも費用が掛かり、いつまでも同じ状態にしておけないので、維持にもかなりの費用が掛かります。当然、見積に反映されていきます。当社にも展示場がありますが、展示されているものの多くは他社では見ることのできないものばかりです。
エクステリア工事の価格を抑えるためには、経費を抑える事が肝心です。直接利益を生み出さない、営業や事務スタッフが多いと、経費がかさみます。現場作業員のように直接利益を生み出さないので、職人の数が多く、現場の数が多い会社ほど経費がかからない構造となります。

下請けはしません

ハウスメーカー・工務店の見積は、下請け業者が作成したものに、元請け経費が上乗せされてお客様の見積となり、必然的に高くなります。最近は、住宅メーカーが下請けを直接紹介するというケースが増えていますが、バックマージンが紹介者に戻る仕組みになっていて、構造的には同じです。このような構造は、建設業界の古くからの多重下請構造から発生しています。お客様にしてみれば信頼できるところにお手軽にお願いできて手間が省けるので、トレドはこれらの構造を否定しませんし、ニーズもあると思います。
トレドは、基本的に下請け工事はお断りしています。下請けになると、お客様により高い買い物をして頂く事になるからです。

材料により価格が変わる

通路(アプローチ)の場合、同じ面積であっても見積もり価格に大きな金額の幅が発生します。コンクリートだけの床の場合、スタンプ・ペーパーで色と模様を施す場合・天然石・タイルを貼る場合、コンクリートを打たずに敷石・インターロツキングなどで施工する場合など様々な方法が考えられ、価格も変わってきくるので自分の好みに合うものを選ぶのが良いです。

アルミ製品の価格

トレドで使用するカーポート・門扉・フェンスなどのアルミ製品はLIXIL・三協・YKK・四国と言った大手専門メーカーになります。商品によっても変わりますが50%OFF前後の価格が多いです。エクステリアの専門店であれば、価格にそれほど差がないはずです。あとは、その会社の経費のとり方に違いがあり見積価格も変わっていきます。
近年、ネットでカーポートなど単品工事が安い会社がありますが、床コンクリートなど、周辺付帯工事も含めると総額では決してお安くありません。受注する会社が東京などの都会で、作業は地方の職人を使う形態では見えないリスクも発生します。

ディーズガーデン商品

ディーズガーデンの商品は、エクステリアの問屋でも直接仕入れる事が出来ません。デイーズガーデンは問屋には一切卸さず、全国のエクステリア専門店の限られたお店に直接販売をしてます。当社も正規特約店に指定されていて、展示場に人気で可愛い「カンナ物置」を展示しています。
他社にはない魅力がいっぱいのディーズ商品は、女性に人気の商品です。
エクステリア専門店であればディーズガーデン商品は欠かす事の出来ないアイテムです。