モダンシンプル素敵・水音が聞こえる癒しの庭。

プラスGフレーム&木目調タイル貼り門柱。

ToledoExterior 7688  

LIXILのプラスGフレームを正面6㍍直角に2㍍折り返し、門扉ジオーナSA09-14ト高さのあるアルミ門扉を取付けて、門扉の右側に巾2㍍で木目調タイルCOVE「カバラム」巾20㌢長さ180㌢のスペイン製タイルを貼り、笠木はコーピング。 プラスGフレーム・縦細格子のカラーをクリエダークでエクステリア全体が調和の取れたカラーでまとめてみました。 細縦格子は完全な目隠しではなく、正面の細縦格子の中側に自転車置き場を施工、花壇は浅間溶岩石を使い低木と宿根草を植えました。

IMG_7735 (940x624)  Monchū uraJitensha okiba7755  Surittosukurīn LIXIL 7685

サインはディーズガーデンのアルミ鋳物の一文字タイプのA-12でポストはWoodRail-F「ウッドレール-F」ダークアッシュ・サインとポストの間に美彩バックライトを取付けました。 アルミ門扉を開けると自転車置き場があります、門柱の右側にスリットスクリーン45×62W850マテリアルカラー

 

ブラックの天然石貼り、通路。

Ishi-bari tsū ro 7785  

アルミ門扉を開けて、玄関迄をノーブルブラックの天然石方形、2サイズを直角に曲げて作り、両側に花壇スペースを設けました。 緑の多い庭です。

Tama ishi 7768  Ishi-bari tsū ro7786  Ishi-bari tsū ro7783

天然石貼りの通路の脇を黒玉石を敷き込み、花壇との境を縁思いで外に毀れづらくして花壇はブルーカーペツトを植込みました。 玄関までの通路は長めなので、両脇の花壇スペースにデザイナーズレールを4㍍・3㍍H-800設置して照明も取付けました。

 

水盤から水音が聞こえ、風に揺れる木々の緑に癒される木目調タイルテラス前の空間。

Suiban no aru niwa 7788

入口の門扉を開くとタイルテラスと水盤が眼に飛び込んできます。 

ShabbyWood No5Tairu 7696  Suiban no aru niwa 7692  Suiban tairu7761

南向きのリビングの前に間口4000出幅2700の木目調シャビーウッドNO5を貼り、テラス前に出へ巾が2400の水盤を作りました。 水盤の西側に壁泉をつくり、水を水盤に落としています。 水盤に貼られたタイルは湖や海をイメージしたブルーカラーのタイルで、そこから続く庭にはグリーンカラーの人工芝。

 

敷地の周りを樹脂板で囲み、プライベート空間を。

AlphaWootBurakkuburaun 7741

広い敷地の東西南北、四方を樹脂板で目隠し塀を施工しました。 既存基礎上に化粧ブロックを積、アルファウッドの樹脂板ブラックブラウンを7段~9段張りで仕上げました。

AlphaWootBurakkuburaun 7729 AlphaWootBurakkuburaun 7705 AlphaWootBurakkuburaun 7720 AlphaWootBurakkuburaun7706

左側の画像から東・西・南・北と敷地を囲った樹脂板の目隠しです。 超耐候性のあるディーズガーデンの二十構造になっているアルファウッドは実際に手で触れてみると質感が良く分かって頂けます。

 

Niwa・Kadan 7695

庭・花壇の植栽は、南側の自転車置き場横に立派なアオハダの株立、常緑のソヨゴ株立は数本植え、ウメモドキ・シダレモミジ・シャラ・トネリコ・ヤマモミジ・リョウブの他に低木も何本も植えました。 花壇には浅間溶岩石を取り入れながら宿根草をはじめとした下草を植えました。

Aohada 7749  Kadan  7745  Kadan 7722

 

夜のエクステリアを演出する、美彩エクステリアLED照明。

Mon mawariExteriorShōmei  7804

エクステリア照明を仕様した現場は、とても魅力ある空間になります。 プラスGフレームに取付けたダウンライトはフレーム下を明るくして、門柱前の花壇にはローポールライト角型、門柱タイル貼りの壁には壁を照らすバックライト、自転車置き場の壁にはグラスウォールライト、庭の植木はスパイクスポットライトとすべて日本製で信頼できる、LIXIL美彩を仕様しました。

MonchūExteriorShōmei 7872 TsūroRaitoappu7812  SuibanExteriorRaitoappu7856

今回の現場で一番、印象強いのは、タイルテラスの床下に取付けたダウンライトが水盤の水面を照らした時の様子です。 夜になっても庭に出てみたくなるようなエクステリア。

 

お客様の声

 

SuibanExterior 7885 SuibanExterior7883SuibanExterior7852 SuibanExterior7884

家の周りを樹脂フェンスで囲う。

AlphaWootBurakkuburaun 7741

家の周り東西南北を樹脂フェンンス・アルファウッドで囲んだエクステリア現場です。 敷地の外側から南側と西側を撮った画像です。

 

AlphaWootBurakkuburaun 7720

庭側から見た南側の樹脂フェンスです。 樹脂フェンスの施工の仕方は家側に柱を立てる『内貼り」と外側に立てる『外貼り」がありますが、今回は内貼りで施工しました。

 

AlphaWootBurakkuburaun 7729

東側は、ブロックと樹脂板で施工、ディーズガーデンのアルファウッドでカラーはブラックブラウンでアルファウッドの中では濃い色ですが、陽があたると少し違う感じにも見えてきます。

 

AlphaWootBurakkuburaun 7705

西側は、外にある通路が高いので、庭を覗きこめない高さで施工しました。

 

AlphaWootBurakkuburaun

北側もアルファウッド・ブラックブラウンで手前には、常緑の木が何本か植えられています。

クリスタルのあるトータル外構。

以前のエクステリア工事では、ガラス製品を仕様する外構は、あまり見かける事がありませんでしたが。 近年では、見かける事が良くあるようになりました。 今回の現場では、門柱に二ヶ所、門柱前にクリスタルを仕様しています。 三か所に使用したクリスタルは、すべて当社オリジナルの商品で、ジョリパットの塗壁に組み込まれたジュエルガラスを大変気に入って頂き契約になった現場です。

Kurisutarue Ga ikou7901

 

サインはベネチアンガラスブロックサインで、当社の作業場で制作したサインになります。 グレーのベネチアンガラスにサンドブラストで名前を彫り込み、両側に班長の大きさになるブルーを入れ、片側には薔薇の模様をデザインして彫り込みました。 とても人気の高いジュエルグラス40-120Hサイズクリアを門柱のセンターに、光の当たり具合によりクラックデザインが「きらきら」素敵です。花壇の中にリコストーンを入れました。

KurisutarueMonchū 7911

 

通路部分は、道路正面から直線に入る場所と、駐車場側から門柱後ろを通、二ヶ所を天然石の鉄平石で門柱裏を通通路は「あられこぼし」通路脇を浅間砂利を敷き込み植栽を植えて楽しさを演出しました。

Tsūro Teppei ishi7916  Teppei ishiArare koboshi7915

 

門柱があり・通路があり・駐車場があり・庭がる、トータル外構です。

TōtaruGa ikou7905

 

当社のエクステリアデザインの中には、殆ど提案させて頂いているエクステリア照明。 リコストーンの下に、シンボルツリーをアップライトで照らし、通路脇は、夜でも歩きやすくローポールライトを設置、夜のエクステリアが素敵になります。

Yoru no monchū mawari190858 Yoru no tsūro191107

 

トレドの植栽は、立木以外にも、下草を多く取り入れて、できるだけ緑が多く自然な感じがする花壇空間を心がけています。

Kadan7920  Kadan7921  Kadan7923

自然の風景・優しいフロントガーデン

maeniwa

自然の景色を取り入れたフロントガーデンが仕上がりました。フロントガーデンはフェンス他で仕切らず建物の顔として美しく仕上げなくてわいけません。

人が見て安らぎある庭にしたい。

自然の景色ってどんな感じなんだろう?

これはとても難しい課題で見る人・作る人でまったく違う庭になるからです。トレドでは石の形・樹木の形など素材の形を大事にしより良い景色になるように施工しています。

ボリュームを出したいところは力強く植栽し力を抜くところは弱くすることで奥行きが感じられるようになります。

kadann

また、植物の特徴を理解し庭を作庭することで植物に動きが出てひとの目を楽しませます。

色々な植栽のやりかたはありますが日々新しい挑戦をしているトレドの職人技に期待してください。

monntyuu

まるでリゾートにいるような雰囲気に

 

Exterior toledo  7734

 

IMG_7743

 

「お客様の声」

 

 

 

 本年4月より半年に渡って、トレドさんに外構工事をして頂きました。

長年転勤を繰り返し、アパートで暮らしてきた私たちも、やっとマイホームが完成し、長野市での新生活が始まると同時に外構工事も

スタートしました。きっかけは親からの紹介で、トレドさんには親宅の庭、職場の庭とあわせて、我が家もお世話になることになりました。

1年ほど前から打合せを重ねてきましたが、庭の事は全くわからない私たちは、トレドさんの勘やセンスに引っ張って頂きながら、

なんとか図面を完成させたように思います。図面を眺めていても具体的な姿を想像することは難しく、作業の合間隙間に職人さんに質問して、

確認しながら1つ1つ進んでいきました。今年の夏は短い方でしたが、それでも厳しい猛暑で、室内からハラハラしながら見ていた日もありました。

汗びっしょり、真っ黒になって働かれる姿は、お仕事とはいえ頭が下がります。体力的な面はもちろんですが、やはり専門的な知識・技術には

驚きと感動を感じました。時には子供と一緒になって作業を楽しく見させて頂きました。日々、変わっていく庭の姿に子どもたちも

「庭屋さんすごいね~」と目をキラキラさせて喜んでいました。

 家は「和モダン」をテーマに、黒を基調としたシックな色合いに仕上げました。庭は「丸の内ビルの合間のようなモダンさのある庭」と、

無茶なリクエストをしました(笑)9月下旬、工事が完了し、外から庭を眺めると、木々の緑が黒い外構によく映え、所々に置かれた

真っ黒な浅間石が色合いをグッと引き締めています。最初、ゴロゴロとした浅間石は「和風」なイメージがありましたので、

この家に合うかなあ?と思っていましたが、不思議と違和感なく、逆に重厚さを増す役割をしてくれているのがわかりました。

雨に濡れた浅間石の黒さは、とても美しく、庭の中のアクセントになっています。黒い家、緑の木々と藍色のタイルの水盤。

この3つの色のコントラストも、とてもきれいです。水をたたえた水盤は、きらきらと光を反射して庭の中でもとても大きな存在です。

作るかどうか最後まで悩んだ水盤でしたが、夫は大満足のようです。子供たちもさっそく裸足になって水遊びをし、

個性的な庭ができたのではないかと思います。

 夜のライトアップの時間も楽しみの1つです。入り口のフレーム、木々の足元、水盤が光を照らすと、まるでリゾートにでもいるかのような

雰囲気のある庭に表情を変えます。ロールカーテンをギリギリまであげて、光に浮かび上がった木々、ゆらゆらと揺れる影や水面を眺め、

家族で楽しんでいます。これからグリーンカーペットが地面を覆い、木々が花や実をつけていく姿が今からとても楽しみです。

今後も季節の折に庭の手入れや、相談に乗って頂きたいと思います。笠原社長さんはじめ、徳武さん、中村さん、宮沢さん、山岸さん、

他沢山の方に携わって頂きました。暑くて大変な季節に本当にありがとうございました。

心から感謝申し上げます。家族みんなで大切にしていきます。

 

ExteriorRaitoap7804

IMG_7815

suzuki sama  otegami

エクステリア照明で演出するデザインの庭。

 

Mon mawariExteriorShōmei  7804

夜のエクステリア施工現場が、照明が主役になるようにデザインをしたシンプル・モダンが似合うエクステリアです。 庭全体ではLIXIL美彩のエクステリア照明が9種・23セットを使い「門柱」「花壇」「フレームアーチ」「通路」「時短者置き場」「樹木」「水盤」などを照らしライトアップしました。 

MonchūExteriorShōmei 7872 Monchū Ekusuteriapātsu7735  RōpōruraitoBisai736

門柱は、スペイン製の輸入タイル「カバラム」木目調を貼り、ディーズガーデンA-12型サインとウッドレール-F型ポストの間にLIXIL美彩バックラインライトL-1200を取付けて、門柱壁面を照らしました消費電力3.6WのLED照明です。門柱前の花壇にはローポールライト透過型H-400の角型を設置して門柱前を照らしています。

 

LIXILPurasuGDaun raito 77801  LIXILPurasuGDaun raito7869

門柱の上をプラスGフレームに取付けた美彩ダウンライト「5個」で入り口部分の床を明るく照らしています。

 

SuibanExterior7856

この現場のエクステリアデザインでいちばん気に掛けていたのが水盤の照明です。

 

BisaiExteriorShōmei  7715  HekisenRaitoap7807 HekisenRaitoap 7859

木目調、シャビーウッドタイルを貼った手前に水盤を作りました。水盤の西側に巡回させて水を落とす壁泉の流れ落ちる水にも光があたるように水盤の東側の側面からスタンドスポットライトH200(5.5W)を低木の中から壁泉目がけて光かせ当たるように。たいる床の水盤側は床下を凹ませてスポットライト1型(3.1W)を間口4㍍に三か所取付けてテラスの上に立った時には、ライトが見えないように施工をしました。

 

TsūroRaitoappu7899  NiwaExteriorShōmei7881  DezaināzuRēru7609

門柱から玄関までの距離があるので、歩きやすいように巾の広めの石貼り通路の両側にLIXILデザイナーズレール3・4メートルH-800を設置してLED照明を4ヶ所取付けています。

 

Kadan ueki no shōmei Kadan 7707

家の裏側の塗壁の中に千陶彩タイルを貼り、塗壁とタイル貼りで出来た凹凸の上部にハンプルラインライトL-1200(3.6W)を2本取り付け、花壇両側の立木に株元からスパイクスポットライトでライトアップさせています。

 

Niwa no shōmei

テラスから見た庭、門柱方向になります、門柱裏側の自転車置き場の正面の壁にグラスウォールライト(1.8W)角型を取付け門柱裏の立木と自転車置き場横に植えられた株立の大きなアオハダの株元からスパイクスポットライトを植木を下からライトアップさせています。

トレドプレミアムデザイン・ドックランの外構。

エクステリア照明。        お客様の感想。     

Toledo no Exterior 7598

エクステリアデザインを作成する為に現場を見に行ったときに、建物を見てパットイメージしたのがシンプルで素敵な外構です。 お客様の要望でドックランの空間も設けてデザインをして、夜間になってもいい感じになるようにエクステリア照明もいくつか取り入れました。 

 

Orijinaru monchū 7551  Orijinaru monchū raitingu5975

アルミH鋼10㌢角を柱にしてオリジナルのジュエルグラスを取り付けたtoledoの門柱は、レザーカットでくり抜かれた文字・デザインの裏に乳白のアクリル板を貼り中に取付けられたLEDテープがよるになると点灯してくり抜かれた文字・デザインから光が漏れて素敵なサインになっています。お客様が犬好きな事もありデザインはリクエストで犬の足形にしました、横にアルミH鋼を同じ高さにして3本立て塗壁の壁で挟んでいます。 こちらにもサインを付けて犬のデザインがあります。

 

Shirubāgurē&Raitogurē 7593  sutanpukonkuri-to Mokume 7631

通路は、スタンプコンクリートの木目で、木目の場合ブラウン系のカラーの仕上げが多いのですが、今回はライトグレーを仕様したスタンプコンクリートです。

 

Kadan  7550  Akusesarī 7628

花壇スペースは浅間石を使い、宿根草を何種も植込み変化のある花壇にしています。塗壁の前には美彩ローポールライト。

 

Dogguran 7539  Dogguran&JinkōShiba  7647

リビング前に人工芝を敷き込みドックランの空間を作りました。 周りを樹脂フェンスで囲い、駐車場側に出入りが出来るアルミ門扉片開きを設置、人工芝の中に立木を2本植えています。

プレミアム門柱エクステリア照明。

Puremiamu monchū raitingu7582玄関前の

玄関前の門柱をtoledoオリジナルのアルミH鋼材を仕様したプレミアム門柱で作りエクステリア照明を取り入れています。 アルミH鋼の10㌢角の柱にLED照明を取り付けレザーカットでくり抜いた文字・デザインの裏側に乳白のアクリル板を貼り文字・デザインが浮かび上がるようにしています。 デザインはワンチャンが大好きで足形のモヨウヲくり抜きました。 オリジナルのジュエルグラスの後ろ側からスパイクスポットライトを照らしジュエルグラスのクラックがキラキラするようにしています。 塗壁の門柱の手前、美彩ローポールライトを設置して壁面を照らしています。

 

Supaikusupottoraito5972 PurasuGDaun raito 7575

門柱の後ろ側に植えた植木を下から美彩スパイクスポットライトでライトアップ。 門柱の上にはLIXILプラスGのフレームにダウンライトを取り付け通路部分を照らしています。

 

Genkan maeExtriorShōmei7576

玄関前のエクステリア照明に、toledoオリジナルを照らし、プラスGで通路を照らす。 エクステリア照明を取り入れたデザインは、エクステリアの魅力を一段と引き立ててくれます。